ボタニカルシャンプーとはどんなシャンプーなのか?他のシャンプーとの違いは?

ボタニカルシャンプーとはどんなシャンプーなのか?他のシャンプーとの違いは?

最近よく見かけるようになったボタニカルシャンプーですが、実はボタニカルと名乗るための厳密なルールはありません。

今のところはボタニカルシャンプーは植物由来の成分をメインに使っている自然派で、ナチュラルなシャンプーという大きなくくりで、各社独自の基準で発売している状態です。

一般的なシャンプーの場合は、化学的な成分で泡立ちを良くしたり、指通りを良くしたりしていることが多いです。

しかし、多くのボタニカルシャンプーの場合は、このような作用を期待できる成分を化学的なものではなく天然のエキスなどで代用していること合が多いので、髪の毛や頭皮にとっては刺激がない成分で安心感があります。

ただ、オーガニックシャンプーの場合は、使っている成分が天然由来なのはもちろんですが、それが農薬を使わずに育っているというところまで徹底しています。

そのため、ボタニカルよりもさらに厳密に天然素材にこだわっています。

とはいっても、最近は消費者の目も厳しいですから、多くのメーカーでボタニカルを名乗るからには、自然由来の成分をかなりの割合で使っているケースが多いです。

さらに品質も素材から製造まで一定の基準以上で安全を保っていることがほとんどです。

ボタニカルシャンプーのメリットとおすすめする理由

ボタニカルシャンプーのメリットとおすすめする理由

ボタニカルシャンプーは自然な成分で洗浄してくれるので、人の髪の毛や頭皮にとってもなじみが良く自然な働きをしてくれます。

化学成分だと異物ですので必要以上に働いてしまうことが多く、それがかえって頭皮や髪の毛の状態を悪化させたり痛めてしまいます。

ケアしているつもりがむしろ悪くしてしまっていて、表面だけ化学的な成分でコーティングされているのです。

一方ボタニカル成分の場合は自然な作用で汚れを取り、潤いをチャージしてくれます。

自然由来成分なので働きも強すぎずに、もともと髪の毛や頭皮が持っている適度な皮脂や水分を取りすぎることなく、過剰な分だけ取ってくれます。

本来あるべき姿に戻してくれるので、あとは髪の毛自身がもつ潤いや艶を出す働きで、自然の健康的で美しい状態にすることができます。

刺激もないので荒れたり乾燥することもなく、どんな状態の時でも安心して使えるので面倒もありません。

ボタニカルシャンプーは頭部を衛生的な状態にすることもできますが、そのほかに本来髪の毛や頭皮が持つ健康的に保つパワーも邪魔することなく保ってくれます。

表面上だけではなく芯から強い美しい状態にするのを手伝ってくれる点もおすすめです。

市販のボタニカルシャンプーにはどんな商品がある?

市販のボタニカルシャンプーにはどんな商品がある?

市販でも使い心地や仕上がりの良いボタニカルシャンプーが続々と発売されて、使った方の感想も上々です。

まずはLUXのボタニフィークは使った方の評価も高い人気シリーズです。

使われている成分はオイルなのにべたつきが少ないうえに保湿効果抜群のアルガンオイルや、柔らかな髪質や頭皮にしてくれるローズヒップオイルが贅沢に配合されています。

さらにうっとりするような香りのダマスクローズエキスも配合しているので、気持ちのリラックスにも効果がありそうです。

次にボタニストは、市販のボタニカルシャンプーといえばこれというほどの知名度があります。

扱っている店舗も多いので手に入れやすいのもメリットです。

ボタニストにはスムースとスカルプ、モイストの3タイプがあるので、自分の髪質に合わせて選べるのでよりケアしやすくなっています。

ヒアルロン酸やセラミドなど肌の保湿に使われるような成分が配合されていて、しっとり艶のある髪になれると評判です。

サトウキビのエキスで髪の芯から潤いを蓄えることもできます。

最後にモイストダイアンのボタニカルシャンプーです。

シアバターとオリーブなどの植物オイルをホイップした泡で優しく洗えます。

さらにローズマリーやカミツレのような10種の植物天然エキスも配合して、潤いや艶を与えつつ髪の毛の補修してくれます。

お値段もお手頃なので使い続けやすいです。