シャンプーに含まれている成分

シャンプーに含まれている成分

市販のシャンプーにはまず界面活性剤というものが含まれています。

これは汚れを浮かせるという事がまず基本の機能としてあるからで、それに加えて香料で匂いをつけるという事をしていますし、洗剤によって泡立たせるという事もしています、さらには防腐剤も含まれています。

シリコンシャンプーといわれるようなものであれば、シリコンでコーティングをするというような事を考えているので、シリコンを含む成分ともなっているのが特徴的ですし、アミノ酸という髪の成分と似たような成分を含むアミノ酸系界面活性剤を使用したシャンプーもあります。

ですので、市販されているシャンプーの成分は実に様々なモノがあるという事が言えるのかもしれません。

基本的には洗浄機能を持つ成分と、保護を考えた成分、更には泡立ちを考えたもの、そしてコーティングを考えたものなどが複合的に込められているという事になりますが、その割合などは各製造会社によって全く異なります。

場合によっては栄養補給という事を考えて、髪や頭皮に栄養を与える成分を多く含むというような商品開発をしているような事もあります。

企業によって実に多様なシャンプーが登場しているという事になるのかもしれません。

高級なシャンプーと安いシャンプーに含まれている成分はかなり違うの?

高級なシャンプーと安いシャンプーに含まれている成分はかなり違うの?

高級なシャンプーと安いシャンプーは含まれている成分はかなり違います。

一般的には多機能なものほど高いという事が考えられますが、高級だから髪にいいとか洗浄力が違うというような事では無く、高級なモノは高い原価のものを使用しているという事であって、だから汚れが良く落ちるという事の証明ではありません。

似たような例を挙げると、お寿司を考えて見ると良いかもしれません。

回転ずしの安いものでも、高級店のお寿司でも基本は同じものと言えます。

原価が高いものを使用すれば高くなりますし、安いものを使用すれば安くなるという事で、どちらが美味しいのかは人の好みにもよるので、絶対にこちらというように言う事は出来ないわけです。

また、高級シャンプーは宣伝などに多くの費用をかけているという事やブランド価値をつけているので高くなるという事があります。

これはブランド品は高くすることで価値を感じさせるという事が出来るという事があるわけで、企業の信用が上がればブランド価値を高くすることが出来るという事もあります。

ですから、高級シャンプーだと質が良くて機能が素晴らしいという事が保障されているというわけではなく、値段は様々な別の要因で決まっているという事です。

髪質や頭皮の悩みによって重視するシャンプーの成分は異なる

髪質や頭皮の悩みによって重視するシャンプーの成分は異なる

髪質や頭皮の悩みによって重視するシャンプーの成分は異なります。

洗浄力を重視するのか、髪のコーティングを重視するのか、髪や頭皮に与えるダメージを気にするのかなどで全く違う成分のモノが必要となるからです。

洗浄力を重視すれば、頭皮のガードに必要な皮脂まで落としてしまうほどの強力な洗浄力のものを使用するという事も考えられるわけですし、髪のガードを考えればコーティングを重視するという事も考えられます。

栄養を与えてくれるものを重視するという事も考えてもいいでしょう。

何を最も大切だと考えるのかは使用する個々によって異なる事でしょうから、その人が最も選択すべきシャンプーは変わってくるという事にもなります。

勿論、その中には価格やコストパフォーマンスを重視するという人も多いことでしょう。

丸坊主で髪が無いという方であれば、髪の毛を守るという必要はないわけで、髪の艶を出すというような成分は要らないわけで、そのようなモノが入っているシャンプーを選ぶ必要はありません。

一口にシャンプーといってもアプローチの姿勢もコストパフォーマンスも全く違うので、自分に合ったものを選択するという事を考えるべきでしょう。

これは成分だけではなく、価格なども考えてという事です。