男性用と女性用のシャンプーは何が違う?

男性用と女性用のシャンプーは何が違う?

ドラッグストアなどでは男性用と女性用にシャンプーが分けられて販売されていることが多いです。

この2つの違いには、男性と女性のホルモンバランスが大きく違うことが影響しています。

男性は女性に比べて男性ホルモンの量が多いため、皮脂分泌が多くなる傾向にあり女性に比べて頭皮の環境がオイリー肌になりやすい特徴を持っているのです。
そのためベタつきやすい頭皮をスッキリ洗い上げる方法として、男性向けのシャンプーの特徴として、皮脂汚れなどをきれいに落とすことが出来る高い洗浄力や、爽快感を感じられる成分が配合されていることが多い特徴を持っています。

そのため男性用のシャンプーを女性が利用してしまうと、高い洗浄成分が頭皮の皮脂を除去してしまうので、乾燥してしまう恐れが出てきます。

女性用のシャンプーの特徴として、保湿成分が配合され頭皮に潤いを与える特徴があります。

女性は20〜30代をピークに、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減少していく特徴があるので、頭皮が乾燥しやすくなる方が多いです。

そこで洗浄成分は弱めで、頭皮に潤いを与える保湿成分が配合されている製品が増えています。

男性が女性用シャンプーを利用すると、洗浄力が不足している用に感じてしまうのです。

男性向けシャンプーに含まれている主な成分とシャンプーの特徴

男性向けシャンプーに含まれている主な成分とシャンプーの特徴

男性向けシャンプーの特徴として、オイリー肌をスッキリ洗い上げるためにも洗浄成分の高いものが配合されている特徴があります。

男性向けタイプに使用されている洗浄成分にはアルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類に分類され、価格の安いシャンプーなどは洗浄成分が高いラウリル硫酸やラウレル硫酸といった高い洗浄力のある成分が含まれている特徴があります。

洗浄成分が高すぎると、男性の頭皮でも乾燥が進行してしまい抜け毛や薄毛のトラブルにつながる恐れがあるので、最近ではアミノ酸系など肌に優しい成分が含まれている男性用シャンプーも注目されています。

また男性用シャンプーの特徴として、女性用ではよくあるフラワー系やシトラス系といった女性らしい心地よい香りというよりは、スッキリとした爽快感のある香りが支持されている特徴があります。

特に人気があるのがグリーンミント系の香りで、髪に匂いが強く残らないという点も男性用のシャンプーの特徴の一つです。

皮脂汚れによるベタつきが起こりやすいことから、洗い上がりはスッキリ爽快感が欲しいと感じる男性も多く、メントールといった清涼成分が配合されている事も多いです。

このメントールはリフレッシュ効果を得ることが出来ます。

女性向けシャンプーに含まれている主な成分とシャンプーの特徴

女性向けシャンプーに含まれている主な成分とシャンプーの特徴

女性は男性に比べて頭皮の乾燥による、髪のダメージが顕著に出やすい方が多いです。

頭皮環境を考えて女性用のシャンプーには洗浄力の高すぎるアルコール系や石けん系の洗浄成分よりも、頭皮に優しいアミノ酸系の洗浄成分が使用される低刺激のシャンプーが主流となっています。

また、髪のコンディションを整える役割として、シリコンを配合しないノンシリコンシャンプーも一時期人気が高くなっていましたが、シリコンが配合されていないと髪の表面をコーティングすることが出来ないので、外部からの乾燥や刺激を直接受けてしまったり、ごわつきが目立つ髪質になってしまう恐れがあります。

またシャンプーがいくらノンシリコン仕様でも、後に使用するコンディショナーやトリートメントは、たっぷりシリコンが配合されており、まとまる髪質にするためにコーティングを行っているので、最近ではシリコン配合のシャンプーを利用する方も増えてきています。

低刺激なシャンプーを利用したいという方には、アミノ酸系タイプの中でも上級アミノ酸を利用している製品を利用するようにすれば、低刺激で頭皮と頭髪の不要な汚れだけきれいに除去して、潤いを残すことが出来るメリットがあります。